メディアドクターとは、医学記事を書く際に、その品質を向上させようとする活動である。医療の専門家とメディア関係者とがチームを組んで、社会に発信された医療・保健記事を臨床疫学などの視点から“採点”し、その結果をインターネット上に公表するというユニークな活動で、オーストラリアに始まり、現在ではカナダ、米国でも実施されている。
 評価のねらいは、記事のABC (Accuracy: 正確さ、Balance: バランス、Completeness: 完全さ) を高めることにある。具体的に現在海外で実施されているメディアドクターでは、次の10項目が評価の指標として使用されている。
アクセス(Availablity/Access)
新規性(Novelty)
代替性(Alternative)
あおり・病気づくり(Disease mongering)
エビデンスの質(Quality of Evidence)
効果の定量化(Benefits)
弊害(Harm)
コスト(Cost mentioned)
情報源(News source)
ヘッドラインの適切性(Headline)
(背景説明 Background)
 

37. 健康食品の機能性表示解禁制度に関する報道:インフォームド・チョイスを考える(2014年9月)

36. 健康診断(人間ドック)の基準値に関する報道(2014年6月)

35. 論文投稿と研究倫理―科学研究の知見をどう伝えるか(2014年5月)

34. 東日本大震災の医療健康報道を振り返る(2014年2月)

33. アトピー性皮膚炎はじめ最近の皮膚科関連の記事を考える(2013年11月)

32. HPVワクチンの効果と副反応〜臨床試験などの結果を踏まえ(2013年8月)

31. 疾患啓発広告を読む:disease awareness と disease mongering (2013年6月)

30. 認知症の画像診断技術に関する報道(2013年4月)

29. 新型出生前診断に関する報道 『精度99%』はどんな意味?(2013年2月)

and more

第37回メディアドクター研究会(2014年9月13日)を開催します。
・「主な検討記事」、「評価方法をめぐって」などを更新しました(2012年5月8日)。
and more
 


 メディアドクターは、医療者、ジャーナリスト、政策立案者、患者・市民の連携により、医療・保健情報の評価を通じて、患者・市民にとって有益な情報に関する共通認識を形成し、その質を向上させることを目的とする。医療報道の評価、定例会および研修会などの開催、調査研究などを通して、広く活動を行う。
 原則として医師、研究者が報道された記事を継続的に評価し、その内容を公表することを目指すものとするが、評価結果の公表を目的としない勉強会や意見交換会、専門家(ジャーナリスト、医療者・研究者とともに記事について討議するなど、様々な発展形がありうる。
and more
 
 

 
 ご使用になるブラウザはInternet Explorer5.5以上を推奨しています。サイト内検索 powered by Google
 なお、すべての著作権はメディアドクター研究会に帰属し、記載内容について一切の無断転載をお断りします。
 Copyright(C)2014 メディアドクター研究会 Media Doctor Research Japan All Rights Reserved.
 
| 更新:2014年8月22日 | お問い合わせ | リンク・著作権など |