経緯・検討記事
2007
□ 1月21日 初のメディアドクター実証実験
□ 2月 3日 メディスン&メディア(医療者・報道者)公開フォーラム(東京大学医療人材養成講座 主催)
        「医療を良くするために、医療者と報道者ができること」
□ 3月31日 医療事故報道 特別版
□ 8月25日 幹事会→月1回開催へ
□10月13日 第1回 リタリン
□11月10日 第2回 インフルエンザなど感染症報道
□12月 8日 第3回 iPS細胞、全盲患者置き去り、埼玉医大救急、女子医大病院事件、混合診療、医療事故調など
2008
□2月16日 第4回 薬害肝炎和解、iPS細胞、新型インフルエンザなど
□3月15日 第5回 評価方法の分析
□4月12日 第6回 精神鑑定と後期高齢者の記事
□5月17日 第7回 海外の事例、研究報告(北澤)、今後のメディアドクターの方向性について
□8月11日 第8回 企画会議、運動・くも膜下出血とCT検査
□12月6日 企画会議
2009年
□ 2月14日 第9回 タミフル耐性インフルエンザ、集団感染
□ 4月18日 第10回 企画会議(事前評価)
□ 7月 4日 第11回 C型肝炎、ニキビ予防
□ 8月29日 第12回 喘息治療、インプラント
□10月24日 第13回 手術ロボ、ワクチン、検査
□12月 5日 第14回 認知症予防、遺伝子診断
2010年
□ 2月20日 第15回 薬害肝炎、iPS、新型インフルエンザ
□ 6月12日 第16回 免疫吸着療法
□ 8月 3日 第1回幹部会議 定款検討
□ 9月 7日 第2回幹部会議 評価軸検討
□11月 6日 第17回(定款発足後初) イレッサ(治療効果評価)
2011年
□ 1月29日 第18回 虫歯・歯周病の殺菌法、帯状疱疹
□ 6月11日 第19回 原子力災害に伴う健康影響に関する報道
□ 8月27日 第20回 骨粗鬆症・アルツハイマー病・B型肝炎
□10月 8日 第21回 抗うつ薬の使用に関する報道
□12月 3日 第22回 CKD(慢性腎臓病)に関する報道
2012年
□ 2月11日 第23回 米国の評価事例Health News Reviewを読む
        (3月3日in沖縄 B型肝炎・脳卒中に関する報道)
□ 4月 7日 第24回 インプラントに関するテレビと新聞報道
        (5月19日in沖縄)子宮頸がんワクチンについて
□ 6月 9日 第25回 てんかんに関する新聞報道、患者・スタッフ向け医療図書サービスの紹介
□ 8月11日 第26回 子宮頸がん検診、ワクチンに関する報道
        (8月26日in医療情報サービス研究学会)てんかんに関する新聞報道
□11月 3日 第27回 Medicine in the Media 2012参加報告:海外のメディアドクターと医療報道
□12月22日 第28回 iPS報道における課題
2013年
□ 2月16日 第29回 新型出生前診断に関する報道 『精度99%』はどんな意味?
□ 4月20日 第30回 認知症の画像診断技術に関する報道
□ 6月22日 第31回 疾患啓発広告を読む:disease awareness と disease mongering
□ 8月10日 第32回 HPVワクチンの効果と副反応〜臨床試験などの結果を踏まえ
□11月16日 第33回 アトピー性皮膚炎はじめ最近の皮膚科関連の記事を考える
2014年
□ 2月22日 第34回 東日本大震災の医療健康報道を振り返る
□ 5月17日 第35回 論文投稿と研究倫理―科学研究の知見をどう伝えるか
□ 6月28日 第36回 健康診断(人間ドック)の基準値に関する報道
□ 9月13日 第37回 健康食品の機能性表示解禁制度に関する報道:インフォームド・チョイスを考える
□11月 1日 第38回 医療事故に関する報道の変遷〜医療版事故調の今後を考える
2015年
□ 1月10日 第39回 医療報道に必要な視点を考える 〜メディアドクター評価方法の改良に向けて
□ 3月21日 第40回 信頼できる医療情報をどう届けるか:HPVワクチンと子宮頸がん検診の記事を考える
□ 6月13日 第41回 健康食品の広告について考える:食品の機能性表示に関する話題
□ 9月26日 第42回 医療用麻薬に関する報道を考える
□12月19日 第43回 著名人のがんをどう報じるか:受け手と伝え手の視点を考える
2016年
□ 2月27日 第44回 がんの早期診断技術に関する報道
□ 4月30日 第45回 がんの新しい治療薬の期待と課題:免疫チェックポイント阻害薬に関する報道
□ 6月25日 第46回 HPVワクチンの副作用報道を考える リスクとベネフィットをどう伝えるか
□ 8月20日 第47回 薬のリスク・ベネフィットをどう伝える?
□10月29日 第48回 がん検診を正しく知る エビデンスを報道でどう伝えるか
□11月26日 第49回 Media Doctor Forum 2016: Improving Quality of Medical News Reporting in Australia and Japan(メディアドクターフォーラム2016 オーストラリアと日本における医療報道)
2017年
□ 2月18日 第50回記念 医療健康報道のこれまでとこれから
□ 4月22日 第51回 情報源としてのプレスリリース:臨床研究の結果をどう伝えるか
□ 6月10日 第52回 高齢者のがん治療のあり方に関する報道

 なお、すべての著作権はメディアドクター研究会に帰属し、記載内容について一切の無断転載をお断りします。
 Copyright(C)2016 メディアドクター研究会 Media Doctor Research Japan All Rights Reserved.
 | ホーム | メール会員登録申込・お問い合わせ | リンク・著作権など | プライバシーポリシー |